トップ 記事 マイナンバーが必要なときって?

マイナンバーが必要なときって?

マイナンバーが必要なときって?

平成28年1月から個人番号(マイナンバー)が、税金や社会保障等の手続きで必要になりました。

土岐市において、個人番号の提示が必要な主な手続き

  • 税関係の申告や申請(相続人代表者届など) (税務課) (注)確定申告は平成29年から
  • 身体障害者手帳など各種手帳に関する申請、障害福祉サービスの申請、戦没者等特別弔慰金の請求、生活保護の申請など (福祉課)
  • 児童手当、児童扶養手当、乳幼児等医療費助成などの手続き、保育園等の入所の手続きなど (子育て支援課)
  • 国民健康保険に関する手続き (市民課)
  • 後期高齢者医療保険に関する手続き (市民課)
  • 介護保険に関する手続き (高齢介護課)
  • 市営住宅の申し込み (都市計画課)
  • 母子健康手帳の交付手続き、養育医療の申請(健康増進課)

詳しいことは、それぞれの担当課にご確認ください。

窓口における個人番号(マイナンバー)の確認には

個人番号カード(本人希望で作成した写真つきのカード)

または、

通知カード(送付された個人番号が記載された紙カード)および 

運転免許証やパスポートといった顔写真つきの身分証明書等(例示以外の身分証明書に使える書類については、担当課に事前にご確認ください)

上記のいずれかの方法で個人番号(マイナンバー)を確認することになりますので、窓口等にお越しの際は、ご準備していただくようお願いします。

 

個人番号制度全般については、下記のウェブページか、フリーダイヤルにてご確認ください。

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報