トップ 記事 第六次土岐市総合計画

第六次土岐市総合計画

第六次土岐市総合計画を策定しました

総合計画とは、土岐市の将来のまちの姿を私たち市民と行政、市議会が共有し、それを実現させるための道筋を示すものです。福祉や環境、防災や防犯といった私たちに身近な分野で、今後、どのような方向で事業を実施していくのかを示し、「協働」を基本に、土岐市に関わるすべての人々が、共に理解し協力してまちづくりをしていくための計画です。土岐市に住み、土岐市で働き、土岐市で学ぶ私たち、土岐市を訪れるすべての人々が幸せを実感できるまちをつくっていくため、「第六次土岐市総合計画」を策定しました。

総合計画とは

計画の構成と期間

本計画は、「基本構想」と「実施計画」の2部で構成されます。基本構想は、20、30年後の本市の姿を見据えつつ、平成37年度(2025年度)を目標年度とする10年間を計画期間とします。

基本構想

計画の構成基本構想では、今後10年間で私たちが目指すまちの将来像を定めます。
また、将来像の実現に向けて実施していく施策について、大きな方向性を示します。

実施計画

実施計画では、基本構想で示された方向性に基づいて、実際に行っていく具体的な事業について示します。
計画期間は3年間ですが、毎年見直しを行い、基本構想との間にずれが生じないよう事業を計画し実施していきます。

まちの将来像「人と自然と土が織りなす 交流文化都市」

本市においては、本市の強みである美濃焼や豊かな自然環境、利便性の高い広域交通網、そして、本市に集う人々といった地域にある多様な資源を活用し、市民一人ひとりの心の豊かさや暮らしのゆとりを叶えることができるよう、まちの将来像を「人と自然と土が織りなす 交流文化都市」と定めます。

ダウンロード

総合計画書表紙

総合計画

実施計画

個別計画(各分野の主要計画等)

 下部「関連記事」より、各個別計画のページを参照できます。

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報