トップ よくある質問 よくある質問記事 家屋は年々老朽化しているのに評価額が下がりません。なぜですか?

家屋は年々老朽化しているのに評価額が下がりません。なぜですか?

家屋は年々老朽化しているのに評価額が下がりません。なぜですか?

家屋の評価額は、評価の対象となった家屋と同一のものを再建築するのに必要とされる費用(再建築価格)に、年数の経過による損耗分を減価して再計算します。こうして計算した評価額と以前の価額とを比較して低い方を新しい評価額とします。建築年の古い家屋は、以前の価額が低い水準にあるため、最近の建築物価の変動等により再計算した評価額が下落しても以前の価額を超えるので、価格は据置きとなり、税額が下がらないことがあります。

このページの先頭へ