トップ よくある質問 よくある質問記事 年の途中で土地や建物を売却(所有権移転)した場合の固定資産税はどうなりますか?

年の途中で土地や建物を売却(所有権移転)した場合の固定資産税はどうなりますか?

年の途中で土地や建物を売却(所有権移転)した場合の固定資産税はどうなりますか?

固定資産税は毎年1月1日(賦課期日)現在、土地・家屋の登記簿又は補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている方に課税されます。売買契約等により、売主と買主が税金を按分する事例が見られますが、あくまでも納税義務者は、賦課期日に登記又は登録されている方となります。税金の按分に関しては、契約当事者間での問題となります。

このページの先頭へ