トップ よくある質問 よくある質問記事 蛇口から出る水道水の水質(色、においなど)について

蛇口から出る水道水の水質(色、においなど)について

蛇口から出る水道水の水質(色、においなど)について

水の色が赤い場合

  • 使い始めだけに色が付く場合は、長い時間家の中の配管に滞留したことにより、管内に付着した鉄さびが流れ出たためと考えられます。出始めの水をしばらく流してから使うことをお勧めします。
  • 常に赤い水が出る場合は、家の中の配管全体が老朽化し、さび付いていることが考えられます。その場合は配管のお取り替えをお勧めいたしますが、屋内配管に使用される管は数種類ありますので、その特徴を理解した上で選ぶことが大切です。

水が白く濁っている場合

蛇口から出た水が白く濁って見えるほとんどのケースでは、しばらく置いておくと色が消えてしまいます。
これは圧力がかかった水道管の中で水に溶けていた空気が、蛇口を開けることにより開放され気泡となることによりみられる現象で、衛生的には全く問題ありません。

塩素臭い

水道の水を安全にするために、塩素による殺菌を行っているためです。どうしても塩素の臭いが気になる場合は、いったん水を沸騰させると臭いはなくなります。

このページの先頭へ