トップ 市議会の概要 市議会のしくみ

市議会のしくみ

私たちの住む土岐市の教育、福祉、産業及び建設など住民福祉の向上を住民全員が集まって議論し、市政全般の方針を決めていくことが民主主義の原則ですが、全員で協議することは実際には不可能に近いことです。そこで4年ごとに選挙で自らの代表者を選び、市政の運営を委ねることにしています。その代表が市議会議員と市長です。
市議会議員は市議会を構成して、市長が行政を行うのに必要な予算や条例などを決定し、議会の決定した意思に従って市長は、土岐市政全般の実際の仕事をします。このことから議会を「議決機関」、市長部局を「執行機関」と呼び、両者はちょうど車の両輪のように、ともに市政を運営します。

議場の写真

議員

議員の定数は、条例により現在18人となっております。

任期

議員の任期は、平成27年4月27日から平成31年4月26日です。

議長、副議長

議長と副議長は、議会において議員の中から選挙で選ばれます。議長は議会を代表するとともに、議事を整理したり、議会の事務を処理する権限を持っています。副議長は、議長が欠けたり病気で不在のときにその代わりをつとめます。

委員会

議案など最終的に本会議で可否が決められますが、市政は間口が広いためにあらかじめいくつかの委員会を設け、まずそこで専門的に審査します。委員会には、常任委員会、議会運営委員会、特別委員会があります。

会派

市政について同じ考えや意見を持っている議員が集まって、それぞれグループを作っています。これを会派と言いますが、本市議会は現在7つの会派で構成されています。

平成29年4月1日現在

会派名
会派一覧
新世クラブ 8人
3人
市民ライフ 2人
公明党 2人
1人
市民ファースト 1人
日本共産党 1人

このページの先頭へ