トップ お知らせ 平成29年度東濃地域医師確保奨学資金等貸付事業奨学生を募集します!!

平成29年度東濃地域医師確保奨学資金等貸付事業奨学生を募集します!!

 深刻な医師不足を解消するため、東濃5市(土岐市、多治見市、瑞浪市、中津川市、恵那市)では、将来、東濃地域の指定医療機関において、医師として地域医療に従事する意志がある方に対して、修学上必要な資金を貸し付ける「東濃地域医師確保奨学資金等貸付制度」を実施しています。

 平成29年度の募集の概要は次のとおりです。
 なお、申請様式や募集要領等の詳細については、最下段にある「医師確保奨学金貸付制度(東濃西部広域行政事務組合)のページ(外部リンク)」をご覧ください。

平成29年度の募集の概要
応募資格 平成29年4月1日の時点で医学部学生、医学部大学院生及び医師で臨床研修、専門研修を受けている者又は受けようとする者
貸付人数 4名程度
貸付金額
  1. 修学又は研修期間中:月額20万円(年額240万円)
  2. 大学入学時:60万円(一回限り)
貸付期間
  1. 大学生奨学資金:正規の修業期間(6年間を限度)
  2. 大学院生奨学資金:正規の修業期間(4年間を限度)
  3. 研修資金:5年間を限度
応募受付期間  平成29年4月3日(月曜日)から5月22日(月曜日)まで
申込み  所定の貸付申請書に必要書類を添えて、東濃西部広域行政事務組合へ郵送もしくは直接ご提出ください。
選考  書類審査及び面接により行います。
配属先

 臨床研修、大学院の課程又は専門研修を修了した後に、東濃5市の指定医療機関(土岐市立総合病院、中津川市民病院、国民健康保険坂下病院、市立恵那病院、国民健康保険上矢作病院東濃厚生病院のいずれか)に勤務していただきます。
 勤務先及び診療科については、申請者の希望を考慮し、被貸付者として決定する際に、内定となります。

償還の免除  次のいずれかに該当するときは、奨学資金等の償還及び利息の支払いの全部を免除します。
  1. 臨床研修、大学院の課程又は専門研修を修了し、原則として直ちに引き続き、特定診療従事医師(小児科・産科・麻酔科)として奨学資金等の貸付けを受けた期間の3分の2に相当する期間を東濃5市の指定医療機関の業務に従事したとき。
  2. 臨床研修、大学院の課程又は専門研修を修了し、原則として直ちに引き続き、特定診療従事医師以外の医師として奨学資金等の貸付けを受けた期間を東濃5市の指定医療機関の業務に従事したとき。
 (注)貸付期間が短い場合でも最低3年間は勤務していただきます。
償還

 指定医療機関に勤務できなくなった場合、償還金と年利10%の利子分を一括で返金していただきます。

問い合わせ先


東濃西部広域行政事務組合 総務企画課
電話:0572-22-1111 多治見市役所3階(内線1331)
土岐市立総合病院 総務課
電話:0572-55-2111(内線2851)

※詳しくは下記東濃西部広域行政事務組合ホームページをご覧ください。
 

関連リンク

医師確保奨学金貸付制度(東濃西部広域行政事務組合)のページ

このページの先頭へ