救急診療科

土岐地区の二次救急医療施設として

岐阜県では「岐阜県保健医療計画」に基づいて救急医療体制が作られております。
当病院は土岐医師会(土岐市、瑞浪市地区)の二次救急医療施設として中心的な役割を担っております。二次救急医療施設とは入院治療を必要とするかもしれない重症な患者さんを担当する病院ということです(一次救急、二次救急、三次救急、高度救命救急センターについては下記の図で説明してあります)。土岐地区の二次救急は東濃厚生病院と輪番制を行っています。
当病院の担当は平日の夜間は毎週火曜日、金曜日、週末は第二、第四の土曜日と日曜日です。よって、この地区で救急車を呼び搬送される時は、当院に運ばれることもありますが隣の瑞浪市の東濃厚生病院や、また、救急隊の判断により、直接三次救急医療機関以上の病院に搬送されることもあります。

1次救急 風邪、腹痛など軽いと思われる症状の場合→かかりつけ医1次救急病院休日診療所 症状が重ければ2次救急へ紹介 2次救急 症状が重い場合119番連絡により救急搬送→土岐市立総合病院(火曜,金曜,第2,4土日)→3次 救急・究明センター(県立多治見病院)→高次究明センター(岐阜大学)

東濃西部脳卒中地域連携パスの急性期病院として

当病院は東濃西部脳卒中地域連携パスの急性期病院の中核です。
まだまだ日本では多い脳卒中ですが、この病気の後遺症を極力少なくして、家庭復帰・社会復帰を目指すためには超急性期に適切な治療を受けることがもっとも重要です。当病院は二次救急を担当する日以外でも脳卒中の急性期の治療に積極的に取り組んでおり、専門医を呼び出すことができるよう待機制を行っております。24時間体制で脳卒中の緊急手術や血管内治療ができる体制で臨んでおりますので、脳卒中の可能性があればご連絡下さい。

一次救急の受け入れ体制について

二次救急医療体制の時ばかりでなく、一次救急に関しても医師会と協力して受け入れております。
基本的には、当病院に通院中の患者さん、医師会(かかりつけ医)から紹介されて来院された患者さん、電話で問い合わせがあり、対応可能な患者様などを受け入れさせて頂いています。市民の病院として、出来る限り問い合わせのある患者さんには十分に対応したいと考えています。
ただし、診療体制の関係で一次救急では対応できないと考えられる場合は、当直医師の判断で二次救急病院に転送、あるいはお問い合わせの段階から二次救急病院受診を御案内させて頂いています。詳細については、お問い合わせ下さい。看護師あるいは医師が対応させて頂きます。
一次救急においても、必要であれば十分に医療ができるよう常時、検査、放射線、薬局などの当直体制をとっており緊急検査に対応しております。
病院は、休みも、夜間も常に受診可能になっております。すべての患者さんを診させて頂きたいと思っておりますが、不可能な場合もあり、患者さんの不利益にならないことを最優先して対応していることを御理解下さい。

受付診療時間外の受診について

当病院の予約外での受付時間は、午前11時30分までです。この時間以降の受診は基本的には救急診療科(時間外受付窓口)で対応し、緊急性がない場合は適切な初期治療と検査を行い、後日、専門医に受診して頂きます。しかし、緊急性があれば可能な限り、専門医に対応を依頼することは可能です。よって、患者さんにはできるだけ受付時間内の受診をお勧めします。

平日の午後5時15分以降は、当直対応となります。

来院時にお持ちいただくもの

  • 保険証、重度・乳幼児等受給者証など。
  • 通院中の場合は診察券(電話でお問い合わせの時にID番号をお知らせ下さい)。
  • 当院以外でお薬をもらっている場合は、そのお薬、お薬手帳などをお持ち下さい。

(注1)かかりつけ医からの紹介状(診療情報提供書)があれば、大変助かります。

是非、“近所のかかりつけ医(ホームドクター)”をお持ち頂くことをお勧めします。

このページの先頭へ