消化器内科

消化器内科の紹介

消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)や肝臓、胆嚢、すい臓などの疾患の診断と治療をしています。消化器内科・外科合同の検討会を毎週行っており、正確な診断と治療を行えるよう努めています。

苦痛緩和のため上部では経鼻内視鏡(原則1日1人まで)、下部では炭酸ガス送気による大腸内視鏡検査を行っています。小腸出血に対する検査としてカプセル内視鏡を平成20年2月より導入しています(カプセル内視鏡については下をご覧下さい)。潰瘍性大腸炎に対する白血球/顆粒球除去療法やクローン病に対する抗TNF-α療法も行っています。

肝領域では慢性肝炎の治療や肝硬変の管理、肝がんの診断と治療を行っています。肝炎抗ウイルス療法も積極的に行っています。肝がんに対してはラジオ波焼灼療法や動脈塞栓術などを行っています。

胆膵領域では胆管結石の内視鏡治療や超音波内視鏡などを用いたすい臓がん・胆道がんの診断や治療を行っています。

手術不能進行がんに対しては、抗がん剤を用いた化学療法も積極的に行っています。常に最新の効果が高く、副作用の少ない治療法を取り入れるように心がけています。

以上のように消化器内科の担当する分野は広く、多岐にわたっていますが、充分な説明を行い、適切な治療を行えるよう努めています。もし説明がよく分からないときは何度でもお尋ねください。
さらに名古屋大学消化器内科との連携により各種特殊調査・治療も行っています。必要のある場合、ご希望のある場合は名古屋大学病院などへの紹介も行います 。

カプセル内視鏡について

超小型カメラを内蔵した長さ26mm、幅11mmのカプセルをビタミン剤のように口から飲み込むだけの内視鏡検査です。カプセルは消化管を通過しながら画像を撮影し、その画像を腰に付けた記録装置に転送します。医師はこの画像をもとに小腸の診断を行います。このカプセル内視鏡では、胃や大腸の検査(胃カメラや大腸カメラなど)を行っても原因が不明の消化管出血において、小腸に原因があるかどうかを調べることができます。ただし、あくまで小腸をみる検査であって、胃や大腸はこの検査ではわかりません。また外来でも可能とされていますが、当面1泊2日の入院にて行っています。

平成26年度検査件数および治療件数

平成26年度検査件数および治療件数一覧
上部消化管内視鏡検査 890件
内視鏡的粘膜下層剥離術 0件
下部消化管内視鏡検査 301件
早期大腸がん・大腸ポリープの内視鏡的切除 201件
内視鏡的粘膜下層剥離術 0件
逆行性膵胆管造影検査 4件
内視鏡的胆管ドレナージ 3件
内視鏡的十二指腸乳頭切開術 2件
カプセル内視鏡 3件

スタッフ紹介

スタッフ一覧
氏名 役職 所属学会等
清水 豊 医学博士 日本内科学会 認定内科医/指導医/支部評議員
日本消化器病学会 専門医/指導医/支部評議員
日本消化器内視鏡学会 専門医/指導医/支部評議員
日本消化器がん検診学会 認定医/指導医
藤本 正夫

副院長 兼

中央内視鏡室部長

日本内科学会 認定内科医
日本消化器病学会 専門医/指導医
日本超音波医学会 専門医/指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本内視鏡学会 専門医
日本人間ドック学会 認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
中川 泰樹    

学会認定施設など

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本消化器病学会認定医制度認定施設
  • 日本消化器集団検診学会認定医制度指導施設

外来診療予定表・外来検査予定表

外来予定表
場所 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
内科第7診察室
(予約優先)

藤本

大原

藤本

中川

 

外来検査予定表
種類 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
上部消化管内視鏡 脇田/中川 藤本/服部 山中 山中 高島
大腸内視鏡 清水/吉田 藤本 山中 山中 高島
消化管X線 技師 技師 技師 技師 技師
腹部超音波 技師 技師 技師 技師 技師

このページの先頭へ