外科

外科の紹介

外科では、消化器疾患、乳腺疾患、内分泌疾患、ヘルニア、自然気胸、多発外傷などの救急疾患などに対して手術を中心とした幅広い治療を行っています。手術を安全かつ正確に行うためには精度の高い診断が必要であり、内科、麻酔科、その他の各科との連携を密に取り、さらに自己の技量を高めるために研鑽しつつ日常診療にあたっています。

胃や大腸などの消化管手術を中心に、肝臓、胆嚢、すい臓、肺、甲状腺、食道などの難易度の高い手術や腹腔鏡下手術、乳がんにおける乳房温存手術など低侵襲手術にも力を入れており、少しでも苦痛の少ない「痛くない外科手術」を積極的に行っています。また、東濃西部地域の土岐、瑞浪2次医療圏の中核病院として東濃厚生病院と当番制24時間体制で緊急手術の受け入れを行っています。胃、大腸手術が約半数を占めますが、ほとんどの分野の手術に対応できる体制をとっています。

進行再発がんに対しては、外来通院による抗がん剤治療など、生活の質を考慮した治療を行っています。また、疼痛緩和や症状コントロールなどに積極的に取り組んでいます。

スタッフ紹介

スタッフ一覧
医師 主な専門領域・認定医・専門医 など
伊藤 昭宏(院長) 日本外科学会専門医・消化器外科学会認定医・麻酔科標榜医・名古屋大学医学部医学科臨床講師・臨床研修指導医
榊間 勝利 日本外科学会指導医・消化器外科学会指導医・がん外科治療認定医・麻酔科標榜医・日本がん治療認定医機構がん治療認定医・名古屋大学医学部医学博士・臨床研修指導医
川西 順 血管外科、外科学会専門医・脈管専門医・愛知医科大学医学部医学博士・臨床研修指導医
中川 雅文  
山川 耕平  
沼波 宏樹(非常勤) 呼吸器外科
丸山 優貴(非常勤) 血管外科
今枝 佑輔(非常勤) 外科

このページの先頭へ