形成外科

形成外科の紹介

形成外科では、社会生活の質(QOL:quality of life)の向上を目的に、主として外科的手技を用いた診療を行っております。治療対象として、身体表面に生じた外傷・腫瘍・先天異常などをとり扱います。また、これらに関連した組織の欠損、変形、醜状などの修復も行っており、治療範囲は広く全身におよびます。

取り扱っている主な疾患

  1. 一般外傷、熱傷、顔面骨骨折
  2. 褥瘡(床ずれ)、皮膚潰瘍
  3. 皮膚良性・悪性腫瘍
  4. ケロイド、肥厚性瘢痕
  5. 先天奇形:合指症・多指症、副耳・埋没耳など
  6. その他:頭蓋骨欠損、眼瞼下垂、霰粒腫、口唇裂、胸郭変形、腋臭症、女性化乳房、臍ヘルニア、陥入爪など

当科での治療の特徴

QOLに関わる治療ですので、外科的手技に限らず保存的手法がよい場合もあります。その場合、創傷被覆材などを用いた治療などにも対応しております。また、外科的手技においては、一つ一つの切開、縫合処置が生活の質を左右することに十分配慮して治療を行っております。

外来診療

担当医師  中屋敷 典久(形成外科部長) 月曜日~金曜日 午前 

このページの先頭へ