トップ イベント案内 講演会「インドでおばちゃん奮闘記」開催しました

講演会「インドでおばちゃん奮闘記」開催しました

講演会「インドでおばちゃん奮闘記」

インド講演会の様子

10月13日(月・祝)図書館で講演会「インドでおばちゃん奮闘記」が開催されました。 この講演会は、9月に『南国港町おばちゃん信金』を出版された原康子さん(岐阜市出身、ネパール在住、国際協力コンサルタント)が、実際に南インドのスラ ムで現地のおばちゃんたちと、信用金庫を立ち上げた経験談などを岐阜弁で語る!というものです。
会場いっぱいに46名の参加者が集いました。

インド講演会 原さんの講演の様子

スライドを使って、対話形式で行われた講演では、原さんが活動していたインドのビシャカパトナムについての説明や、実際にスラムのおばちゃんたちが大音響で信用金庫の役員会をしている動画などが紹介されました。どの参加者も、興味深くスライドを見ていました。

インド講演会 質疑応答の様子1

講演会の後半では、参加者の皆さんとの活発な質疑応答がありました。「信用金庫を利用するのはどんなカーストに属する人なの?」、「信用金庫のくわしい仕 組みはどうなっているの?」など、いくつも質問が出ました。「信用金庫の仕組みは、日本にもある「無尽」のようなもので・・・」と説明があると、インドの 信用金庫が急に身近に感じられた様子の会場内でした。

インド講演会 質疑応答の様子2

講演会が終わったあとも、原さんのもとへ感想などを話しにいらした方々がいました。参加者の方々は、「とても楽しかった」、「待つ力、信じる力、みんなの 力の大切さがよくわかった」、「押しつけでない、自律へと導く支援について考えさせられた」、「(原さんのことを)今日まで何も知らなかったが、あっとい う間の楽しい時間だった」など、楽しくも真剣に国際支援について考える時間を持たれた様子でした。

このページの先頭へ