トップ 救急 異物除去法

異物除去法

声が出せない

呼吸音がゴロゴロ、ヒューヒューといった音がする場合

下矢印

異物による気道 閉塞が疑われる

自力で咳をさせても異物が除去できない場合

下矢印

背部叩打法

  • ひざまずいて傷病者を自分のほうに向け側臥位にする
  • 手のひらで肩甲骨の間を4~5回力強く連続して叩く

背部叩打法1

背部叩打法2

1歳未満の乳児・新生児の場合

  • 片腕の上に腹ばいにさせ、頭部を低くする
  • あごを手にのせて、突き出すようにする
  • もう一方の手の付け根で背中の真ん中を5回叩く

背部叩打法(1歳未満の乳児・新生児)1

背部叩打法(1歳未満の乳児・新生児)2

側胸下部圧迫法

側胸下部圧迫法

  • 傷病者を仰臥位または腹仰臥位にする
  • 傷病者の側方または下半身にまたがってひざまずく
  • 指を広げた手を側胸下部に置く
  • 下部胸郭を内下方に強く引きしぼるように瞬時に圧迫する

上腹部圧迫法(ハイムリック法)

傷病者を座位または立位にする
傷病者の後ろにまわり、腕を脇の下に通す
片手で握りこぶしをつくり、傷病者のみぞおちのやや下方に当てる
もう一方の手でその握りこぶしを握り、すばやく内上方に向かって圧迫するよう押し上げる

上腹部圧迫法(ハイムリック法)1

上腹部圧迫法(ハイムリック法)2

また、傷病者を寝かせて大腿部にまたがり、片手で手掌基部を傷病者のみぞおちのやや下方に当て、 もう一方の手をその上にのせ、内上方に向けてすばやく圧迫する方法もある

上腹部圧迫法(ハイムリック法)3

(注)行ってはいけない傷病者 意識がない傷病者・妊婦・1歳未満の乳児

このページの先頭へ