トップ 救急 熱傷(やけど)に対する応急手当

熱傷(やけど)に対する応急手当

やけどの程度を調べる

1 熱傷の深さを調べる

赤いか(I度)
水泡か、水泡が破れた状態か(II度)
白っぽいか(III度)

2 熱傷の程度は、熱傷の深さ熱傷の広さから判断する

面積の簡単な調べ方として、片手の手の平を体表面積の1%とする手掌法があります

ポイント

  • 熱傷の程度が次のような場合は、重症熱傷であり、直ちに救急車を呼び、専門医による処置を受ける必要がある
  • II度熱傷で、体表面積の30%以上の熱傷
  • III度の熱傷で、体表面積10%以上の熱傷
  • 顔の熱傷で、II度の熱傷や鼻毛がこげているような熱傷
  • 老人や乳児では、熱傷の広さが狭いときでも重症となる場合がある

手当て

比較的軽い熱傷

  • できるだけ早くきれいな冷水で15分以上痛みがなくなるまで冷やす
  • 衣服を着ている場合などは脱がさずにそのまま上から冷やす。(水泡を破らない)
  • 薬は塗らない

軽い熱傷の手当ての様子1

軽い熱傷の手当ての様子2

重症の熱傷

  • 広範囲の熱傷は、きれいなシーツ等で体を包む。
  • 体の冷やしすぎに注意し、冷やしすぎで体に震えがあるときは毛布などで保温する

ポイント

重症の熱傷のときは冷やすことに時間を費やさずに、できるだけ早く専門医の処置を受ける必要がある

このページの先頭へ