トップ お知らせ 平成29年度秋季火災予防週間

平成29年度秋季火災予防週間

秋季火災予防運動が実施されます

 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。

 暖房器具等の火気を使う機会も多くなってきますので、家族一人ひとりの「慣れ」や「油断」から、火災をおこさぬよう防火の重要性を十分に自覚し、「いのちを守る7つのポイント」を参考に普段の生活の中で火災予防を実践していくことが大切です。

全国統一防火標語

『火の用心 ことばを形に 習慣に』

実施期間

平成29年11月9日~11月15日

【住宅防火  いのちを守る7つのポイント】

火災予防週間3つの習慣
・ 寝たばこは、絶対やめる。
・ ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
・ ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策
・ 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
・ 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
・ 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
・ お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

平成29年秋季火災予防運動施要綱.pdf (PDF 181KB)

このページの先頭へ