トップ記事風しんの追加的対策について

風しんの追加的対策について

土岐市風しん抗体検査及び風しんの第5期定期予防接種のご案内

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象とする全国的な取り組みです。

本事業の概要

厚生労働省は、平成30年の風しんの流行を受け、風しんに係る公的な予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、風しん抗体検査及び予防接種(風しんの第5期定期予防接種)を実施することとしました。実施期間は2022年3月31日までの3年間です。実施に当たっては、まず、風しんの抗体検査を行い、抗体価が一定の基準を満たさない方が、風しんの第5期定期予防接種の対象となります。

対象者

風しん抗体検査

検査日時点で、土岐市に住民票があり、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

風しんの第5期定期予防接種

接種日時点で、土岐市に住民票があり、次の①、②のすべてに該当する方

①昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

②風しん抗体検査の結果、当該事業の判定基準に照らして医師が風しんの第5期定期予防接種の対象と判定した方

実施期間

2019年4月~2022年3月31日までの3年間

(今年度発行したクーポン券の有効期限は2020年3月31日までです)

検査・予防接種までの流れ

1.抗体検査の受け方を選ぶ

  ①医療機関で受ける。・・・当該事業に参加している全国の医療機関で受けられます。

   医療機関は厚生労働省HPをご覧ください。厚生労働省HP

  ②職場、事業所健診の機会に受ける。・・・詳しくは、勤務先にお問い合わせください

  ③特定健診の機会に受ける。・・・国民健康保険の方

                           土岐市 風しん抗体検査・予防接種が受けられる医療機関 (PDF 50.6KB)

2.抗体検査を実施

3.後日抗体検査の結果を受け取る 抗体検査の結果通知の方法については実施機関にご確認ください。

4.風しんの抗体価が不十分な場合(※)、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を接種。

  (※)当該事業の判定基準に照らして、医師が風しん第5期定期予防接種の対象と判定した場合

抗体検査・予防接種の際の持ち物

1.クーポン券・・・土岐市に住民票のある、昭和47年4月2日~昭和54年4月1日までの間に生まれた男性には、クーポン券を個別に郵送しています。転入者の方、昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの対象者の方で、今年度中に検査を希望される方はクーポン券を発行いたします。保健センターまでお問い合わせください。

2.本人確認書類・・・運転免許証やマイナンバーカードなど、生年月日や住所の印字があり、本人確認できるもの。

3.風しん抗体検査の結果が記載された資料(予防接種を受ける際)

抗体検査費用及び予防接種費用

土岐市に住民票がある方で、土岐市が発行したクーポン券の持参がある場合は無料

その他

平成26年4月1日以降に風しん抗体検査を受けたことがある方は、抗体検査結果が記載された資料を持参し、当該事業に参加している医療機関へご相談ください。

風しんの第5期定期予防接種は、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)での接種となります。

風しんの第5期の予防接種について説明書.pdf (PDF 125KB)

 

 

 

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報