トップ記事2019年全国家計構造調査の実施について

2019年全国家計構造調査の実施について

総務省は、都道府県・市町村を通じて「全国家計構造調査」を実施します。この調査は、5年ごとに実施してきた「全国消費実態調査」を全面的に見直し実施するものです。

全国家計構造調査とは

1、調査の目的

全国家計構造調査は、家計における消費、所得、資産および負債の実態を総合的に把握し、その構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的に実施します。

この調査は、統計法に基づく国の基幹統計調査で、国が実施する統計調査のうち特に重要な調査です。

2、調査の期間

調査対象期間:2019年10月~11月

調査実施期間:2019年9月~11月

(※8月から9月にかけては、調査準備のため、調査員証を携行した調査員がこの地域にお住まいのお宅を訪問し、世帯主の方の氏名などをおたずねします。)

3、調査の対象

肥田地区・泉地区の一部地域にお住まいの世帯

4、調査事項

種類 基本調査 簡易調査
調査の種類及び調査事項
対象 2人以上の世帯10世帯、単身世帯2世帯 2人以上の世帯10世帯、単身世帯2世帯
調査内容

「家計簿」、「年収・貯蓄等調査票」、「世帯票」の3種類の調査票により調査します。

  • 日々の家計の収入と支出
  • 年間収入
  • 預貯金などの金融資産
  • 借入金
  • 世帯構成
  • 世帯員の就業・就学状況
  • 現住居の状況(床面積・建築時期など)
  • 現住居以外の住宅・宅地の保有状況

「年収・貯蓄等調査票」、「世帯票」の2種類の調査票により調査します。

  • 年間収入
  • 預貯金などの金融資産
  • 借入金
  • 世帯構成
  • 世帯員の就業・就学状況
  • 現住居の状況(床面積・建築時期など)
  • 現住居以外の住宅・宅地の保有状況

5、調査方法

調査員が調査世帯に調査票を配布する方法により行われます。調査票の提出は、次のいずれかの方法を選択することができます。

  • インターネット回答
  • 調査員に提出
  • 郵送により提出(「簡易調査」の場合のみ)

6、個人情報の保護について

この調査により集められる個人情報は、統計法により保護されます。秘密の保護には万全を期しており、統計法に定められている利用目的以外(例えば徴税資料など)に使用することは絶対にありません。

 

調査について詳しくは、総務省ホームページをご覧ください。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報