トップ記事指定給水装置工事事業者制度の更新制導入について

指定給水装置工事事業者制度の更新制導入について

指定給水装置工事事業者の資質の維持・向上を目指して、「水道法の一部を改正する法律」が、令和元年10月1日に施行されました。

この改正法により、指定の有効期間が従来の無期限から5年間となります。指定の更新がされない場合は失効となります。

従来の制度で指定を受けている工事事業者のみなさまは、指定を受けた日によって、初回の更新までの有効期間が異なります。

詳細につきましては、次の指定給水装置工事事業者のみなさまへをご覧ください。

 

指定給水装置工事事業者のみなさまへ.pdf (PDF 667KB)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報