トップ記事PayBによるスマホ決済について

PayBによるスマホ決済について

令和2年4月1日より、スマートフォン決済アプリ「PayB(ペイビー)」を利用した収納を開始します。
PayBとは、納付書に印刷されているバーコードをスマートフォンのカメラで取り込むことで、事前に登録した銀行口座からいつでもどこでも市税等が納付できるスマホ決済アプリです。
下記リンクからアプリをダウンロードできます。

PayBご利用可能金融機関と対応アプリ
 

利用開始日

令和2年4月1日(水)

対象となる税金・料金

  • 市県民税(普通徴収)
  • 固定資産税・都市計画税
  • 軽自動車税
  • 国民健康保険料
  • 後期高齢者医療保険料
  • 水道料金
  • 下水道使用料

必要なもの

  • コンビニ用納付書(有効期限内のバーコードが印字されているもの)
  • インターネット通信が可能であり、バーコードが読み込めるスマートフォン

利用可能期間

コンビニ用納付書に記載されているバーコードの有効期限まで

利用方法

  1. ご自身の銀行口座に対応したスマホアプリPayBをダウンロードします。
  2. アプリを起動し、氏名や口座番号、メールアドレス等の必要事項を入力します。
  3. 納付書のバーコードをアプリで読み取り、暗証番号を入力します。
  4. 登録された銀行口座から納付額が支払われます。
  5. 登録したメールアドレスに支払い完了の通知が送信されます。

注意事項

  • アプリの利用できる時間は各銀行により異なります。
  • アプリの利用は無料ですが、インターネット通信料は利用者負担です。
  • 一度の決済で納付できる金額は最大30万円です。
  • 登録している銀行口座の残高が不足している場合は納付できません。
  • 軽自動車の車検に必要な「軽自動車税納税証明書」は、納付期限内にスマホ決済された場合に限り、6月下旬以降に送付されます。
  • 収納確認に2週間程度かかるため、車検等ですぐに納税証明書が必要な方はPayBのご利用をお控えいただき、土岐市役所または金融機関、コンビニエンスストア(対応コンビニ一覧)で納付してください。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報