トップ記事PayPayによるスマホ決済について

PayPayによるスマホ決済について

令和2年4月1日より、決済サービス「PayPay(ペイペイ)」を利用した収納を開始します。
PayPayとは、納付書に印刷されているバーコードをスマートフォンのカメラで取り込むことで、事前にPayPay残高にチャージした電子マネーにより、いつでもどこでも市税等が納付できる決済サービスです。
下記リンクからアプリをダウンロードできます。

PayPayの詳細
 

利用開始日

令和2年4月1日(水)

対象となる税金・料金

  • 市県民税(普通徴収)
  • 固定資産税・都市計画税
  • 軽自動車税
  • 国民健康保険料
  • 後期高齢者医療保険料
  • 水道料金
  • 下水道使用料

必要なもの

  • コンビニ用納付書(有効期限内のバーコードが印字されているもの)
  • インターネット通信が可能であり、バーコードが読み込めるスマートフォン

利用可能期間

コンビニ用納付書に記載されているバーコードの有効期限まで

利用方法

  1. PayPayアプリを起動し、ホーム画面の「スキャン」をタップします。
  2. 起動したバーコードリーダーで納付書のバーコードを読み取ります。
  3. 請求内容を確認し、「支払う」をタップします。
  4. 画面上に支払い完了のメッセージが表示されます。

注意事項

  • 決済手数料は無料ですが、インターネット通信料は利用者負担です。
  • 一度の決済で納付できる金額は最大30万円です。
  • 事前にチャージした残高が不足している場合は納付できません。
  • 納付はPayPay残高のみとなります。クレジットカードでのお支払いはできません。
  • 軽自動車の車検に必要な「軽自動車税納税証明書」は、納付期限内にスマホ決済された場合に限り、6月下旬以降に送付されます。
  • 収納確認に2週間程度かかるため、車検等ですぐに納税証明書が必要な方はPay Payのご利用をお控えいただき、土岐市役所または金融機関、コンビニエンスストア(対応コンビニ一覧)で納付してください。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報