トップ記事令和2年度予算

令和2年度予算

令和2年度当初予算の概要

国の新年度予算案は、一般会計の総額が102兆6,580億円(対前年度1兆2,009億円、1.2%増)で、これまでの「歳出改革の取組みを継続」しつつ、「消費税増収分を活用した社会保障の充実」と「経済対策の着実な実行」を進める、経済再生と財政健全化を両立する予算とされています。

一方、地方財政については、「人づくり革命の実現や地方創生の推進」、「地域社会の維持・再生」、「防災・減災対策」等に取り組みつつ、安定的に財政運営を行うことができるよう、地方交付税などの一般財源総額は、前年度を上回る63兆4,318億円(対前年度7,246億円、1.2%増)を確保することとしており、地方税が増収となる中で、地方交付税総額は、16兆5,882億円(対前年度4,073億円、2.5%増)を確保したとされています。

現在、日本は急速に少子高齢化が進行し、これから本格的な人口減少時代を迎えます。土岐市においても同様で、高齢化による医療や年金などの社会保障費の増大、少子化による生産年齢人口の減少や消費市場の縮小化など、大きな社会的課題が迫っています。

こうした課題に対応するため、土岐市では、第6次総合計画に掲げるまちの将来像「人と自然と土が織りなす 交流文化都市」の実現に向け、「支え合い安心できる暮らしづくり」、「環境と調和したにぎわいづくり」、「豊かな心と文化を育む人づくり」、「安全で快適な暮らしを支える基盤づくり」、「協働の仕組みづくり」の5つの基本目標の実現に向け、各施策に取り組んでいるところです。

 第6次総合計画を踏まえたうえで、これら施策にメリハリをつけて推進するため、「笑顔を紡ぐ結のまち~愛着と誇りのもてるまちを、みんなで楽しくつくる~」をスローガンとした市長公約である、「愛着のもてる まちづくり」、「地域を支える ひとづくり」、「地域住民の いきがいづくり」の3本を柱とし、次のとおり予算を編成しました。

令和2年度土岐市の当初予算額は、一般会計が226億4,000万円(前年度比7億円減、3.0%減)、特別会計が128億6,290万9千円(前年度比1億6,363万円減、1.3%減)、企業会計が79億7,854万6千円(前年度比44億5,747万4千円減、35.8%減)、総額は、434億8,145万5千円(前年度比53億2,110万4千円、10.9%減)となっております。

令和2年度土岐市予算の総括表

 (単位:千円、%)

会計名 本年度予算 前年度予算 比較 増減率
一般会計 22,640,000 23,340,000 △700,000 △3.0
特別会計 国民健康保険 5,755,945 6,057,163 △301,218 △5.0
駐車場事業 64,564 137,145 △72,581 △52.9
介護保険(保険事業勘定) 6,112,175 5,992,130 120,045 2.0
介護保険(サービス事業勘定) 18,044 18,420 △376 △2.0
土岐市・瑞浪市介護認定審査会 41,799 41,554 245 0.6
土岐市・瑞浪市障害者総合支援認定審査会 5,923 5,765 158 2.7
後期高齢者医療 864,459 774,362 90,097 11.6
12,862,909 13,026,539 △163,630 △1.3
企業会計 病院事業 2,259,935 6,595,070 △4,335,135 △65.7
水道事業 2,789,354 2,717,211 72,143 2.7
下水道事業 2,929,257 3,123,739 △194,482 △6.2
7,978,546 12,436,020 △4,457,474 △35.8
合計 43,481,455 48,802,559 △5,321,104 △10.9

関連資料

R2予算の概要.pdf (PDF 1.28MB)

R2予算書 (PDF 17.8MB)

R2都市計画税及び入湯税充当事業 (PDF 156KB)

R2地方消費税交付金(社会保障財源化分) (PDF 253KB)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報