トップ記事後付けの急発進等抑制装置の設置費用を補助します

後付けの急発進等抑制装置の設置費用を補助します

 高齢運転者による、アクセルとブレーキペダルの踏み間違いによる交通事故が社会問題化しています。土岐市では、高齢運転者の交通事故防止および事故時の被害軽減を図るため、特に事故発生率が高い75歳以上の方を対象に「後付けの急発進等抑制装置」の設置費用の一部を補助します。(令和2年度限り) 

対象

次の全ての条件を満たす方

  1. 土岐市に住民登録をしている75歳以上の方(令和2年度中に75歳になる方を含みます。)
  2. 自家用自動車を運転できる有効期限内の運転免許証を保有している方
  3. 令和2年7月15日~令和3年3月15日までに、国土交通省が認定した「後付けの急発進等抑制装置」を、国により認定された販売・取付店舗で設置し、その機能や使用方法について説明を受けた方
  4. 設置する自動車の車検証上の「自家用・業務用の別」欄が「自家用」であること
  5. 車検証の「所有者の氏名」又は「使用者の氏名」が、申請者の氏名と同一であること
  6. 転売を目的として後付けの急発進等抑制装置を設置するものではない方
  7. 他の市町村で同様の補助金の交付を受けていない方
  8. 暴力団員等ではないこと
  9. 市税又は自動車税を滞納していない方

対象となる装置

 国土交通省が認定した「後付けの急発進等抑制装置」を一般社団法人次世代自動車振興センターの認定した販売・取付け店舗において設置した場合に限ります。

※詳細は、下記のリンク先の中にある。「後付け装置を取り付ける事業者(店舗等)」に記載された、国より認定された販売・取付け店舗にお尋ねください。市では、装置の取り付けの可否や費用について、個別にお答えすることはできません。

 ◆「後付け装置を取付ける店舗等の一覧」

   http://www.cev-pc.or.jp/support-car/atoduke-souchi.html#no01

 

補助金額

最大1万円(一人1回に限る)
※購入・設置費用(消費税及び地方消費税を含む)が1万円を下回る場合はその費用の額
(千円未満の端数がある場合は端数を切捨てた額)

※装置の購入・設置には、別途、国からの補助(2万円または4万円)があります

補助金の申請から交付までの流れ

1.認定を受けた販売・取付け店舗で後付けの急発進等抑制装置を設置する

 認定を受けた販売・取付け店舗でご自身の自動車に認定された装置が設置可能か確認の上、その機能や使用方法等について説明を受けて、装置を設置し、代金を支払ってください。

2.交付申請及び請求書を窓口に提出

 交付申請書及び請求書に必要事項を記入(裏面の同意・誓約事項も忘れずに記入)のうえ、必要書類を添付して、生活環境課窓口に提出してください。

【必要書類】

  • 運転免許証の写し(住所・氏名の変更をされている場合は、裏面も)
  • 装置を設置した自動車の車検証の写し
  • 支払金額と装置の販売・取付け店舗のわかる書類(領収書等)
  • 補助金の振込先の預金通帳(またはキャッシュカード)

3.交付決定通知書が郵送で到達する

 提出された申請書を審査の上、申請書に記載された住所へ通知書を郵送します。

4.指定された口座に補助金が振り込まれます

申請期間

令和2年7月15日~令和3年3月15日(期限までに設置と支払いが完了していること)

申請書・請求書

  申請書(様式第1号).doc (DOC 53.5KB)

  申請書(様式第1号).pdf (PDF 58.8KB)

  請求書(様式第3号).docx (DOCX 23.5KB)

  請求書(様式第3号).pdf (PDF 32.5KB)

  土岐市高齢運転者交通安全対策事業補助金交付要綱.pdf (PDF 166KB)

      周知チラシ(R2.7版).pdf (PDF 900KB)


 

カテゴリー

このページの先頭へ