トップ記事災害時の避難にあたり「知っておくべき5つのポイント」

災害時の避難にあたり「知っておくべき5つのポイント」

新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災害時には、危険な場所にいる人は原則として避難をしてください。

「自らの命は自らが守る」意識を持ち、適切な避難行動をとりましょう。

内閣府・消防庁では、「知っておくべき5つのポイント」としてチラシを作成しています。避難の際に知っておくべきポイントがまとめてありますので、ハザードマップ等と併せて平常時から確認しておきましょう。

 

知っておくべき5つのポイント

  1. 避難とは「難」を「避」けること。安全な場所にいる人まで避難場所に行く必要はありません。
  2. 避難先は、小中学校・公民館だけではありません。安全な親戚・知人宅に避難することも考えてみましょう。
  3. マスク・消毒液・体温計が不足しています。できるだけ自ら携行して下さい。
  4. 市が指定する避難場所、避難所変更・増設されている可能性があります。災害時には市のホームページ等で確認して下さい。
  5. 豪雨時の屋外の移動は車も含め危険です。やむをえず車中泊をする場合は、浸水しないよう周囲の状況等を十分確認して下さい。

point.png  point2.png

 

「知っておくべき5つのポイント」(PDF 110KB)

「避難行動判定フロー」(PDF 377KB)

 

「5つのポイント」については多言語でも公表していますので、内閣府防災情報のページをご覧ください。

「避難所における新型コロナウイルス感染症対策」についてはこちらをご覧ください。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報