トップ記事ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)について

ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)について

はじめに

岐阜県の南東部に位置し、面積の約7割が丘陵地の緑豊かなまち、土岐市。

1400年の歴史を誇る美濃焼のまちとして、今もなお、大小200以上の窯元が意匠多彩な器を生み出す、国内有数の陶磁器産地でもあります。

また、近年の高速交通網の整備により近隣市へのアクセスが飛躍的に向上したことから、製造業を中心に新たな企業が本市へ進出したほか、土岐プレミアム・アウトレットをはじめ、交流人口の集結点ともなる商業施設が開業しています。

「人と自然と土が織りなす交流文化都市」の実現に向けて躍動する土岐市をぜひふるさと納税で応援してください!

 

ふるさと納税制度について

 ふるさと納税は、応援したい地方自治体に寄附をすると、寄附金の2,000円を超える部分について、所得税と合わせて一定の限度まで個人住民税から控除されるものです。寄附していただける地方自治体は、出身地に限らず、全国の都道府県、市町村から自由に選択することができます。なお、前述の控除を受ける場合は、確定申告もしくはワンストップ特例制度の申請が必要となります。

【寄付金額控除のイメージ】

kifukoujo.png

※寄付金控除の上限額は、家族構成や給与所得額、その他の控除によって異なりますのでご注意ください。

※寄付金控除の上限額について、個別のご案内はできませんので、ご了承ください。

 寄附金控除の上限額の算出については、こちらのサイトをご参考ください。

ふるさと納税制度に関することは、詳しくは、総務省/ふるさと納税ポータルサイトをご覧ください。

 

 

土岐市への寄附のお申込み

 

ふるさと納税のご寄附は、土岐市外にお住いの方から受け付けています。

寄附のお申込み方法は、次の2通りとなります。

 

(1)ふるさと納税ポータルサイトからのお申込み

 次のふるさと納税ポータルサイトからお申込みいただけます。

「ふるさとチョイス」(↓下のバナーをクリックしてください。土岐市のページへ移ります。)

 

誘導バナー.png

  

※ふるさと納税詐欺サイトにご注意ください。

ふるさと納税の申込みができると称した詐欺サイトが確認されています。上記サイト以外でのインターネットからのご寄附の受付は行っておりません。

 

(2)寄附申出書によるお申込み

 寄附申出書に必要事項をご記入の上、次の方法により、土岐市行政経営課へご提出願います。

  ①郵送  : 〒509-5192 土岐市土岐津町土岐口2101番地 土岐市行政経営課ふるさと納税担当あて

  ②メール: gyoukei@city.toki.lg.jp

  ③窓口 : 土岐市役所3階 行政経営課

        (受付時間:午前8時30分~午後5時15分 ※土日・祝日・年末年始除く)

   ※「土岐市ふるさと応援寄附申出書 (27KB)」(様式)

【お礼の品をお選びいただく場合】

 恐れ入りますが、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」をご覧いただき、ご希望の返礼品番号と返礼品名を寄附申出書に記入願います。

 

【寄附金のお支払方法】

 ①市発行の納付書

   次の金融機関での納付書払いは手数料が無料です。

   (株)十六銀行/東濃信用金庫/(株)大垣共立銀行/(株)三菱UFJ銀行/陶都信用農業協同組合

   /東海労働金庫

   上記以外の金融機関でお振込みいただく場合は振込手数料をご負担いただくことになりますのでご了承

  願います。

 ②ゆうちょ銀行の支払取扱票

   全国の郵便局から手数料無料で納入いただけます。

 ③現金書留

   送料をご負担いただくことになります。

 ④現金持参

   土岐市行政経営課の窓口で受け付けております。

   受付時間:午前8時30分~午後5時15分(※土日・祝日・年末年始除く)

 

寄附金受領証明書について

 寄附金の入金を確認後、寄附金受領証明書を郵送いたします。確定申告をされる方は、申告の際に寄附金受領証明書が必要となりますので、大切に保管してください。

 

寄附金控除の手続き

 ふるさと納税の寄附金控除を受けるためには、ご自身で確定申告をしていただくか、ワンストップ特例申請書を寄附をした市へ提出する必要があります。

※土岐市へ寄附をしていただいた方の手続きは次のとおりです。

(1)確定申告をする場合

 寄附をした翌年の3月15日までに、住所地等の所轄の税務署へ確定申告を行う必要があります。なお、申告の際には、土岐市からお送りした寄附金受領証明書が必要となります。

(2)ワンストップ特例申請をする場合

 寄附の申し込みの際にワンストップ特例申請を希望された方には、土岐市からワンストップ特例申請書を送付しますので、申請書に必要事項を記入の上、関係書類を添えて、ふるさと納税を行った年の翌年の1月10日(必着)までに、土岐市へ返送願います。

 寄附金税額控除に係る申告特例申請書(PDF 122KB)

(注意事項)

  • 5団体を超える団体へのふるさと納税(寄附)を行う場合や、確定申告を行う必要がある方が控除を受けるためには、住所地等の所轄の税務署へ確定申告が必要です。
  • 転居などにより、『寄附金税額控除に係る申告特例申請書』の内容に変更があった場合、ふるさと応援寄附(納税)を行った翌年の1月10日までに、下記の変更届出書を土岐市へ提出していただく必要があります。変更があった場合は、速やかに土岐市へご連絡ください。
    寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書(PDF 111KB)
  • 寄付の申し込みの際にワンストップ特例申請を希望しなかった方で、申請を希望される方は、土岐市行政経営課へご連絡ください。

寄附の使いみち

 皆さまからいただいた寄附金は、「土岐市ふるさと応援基金」に積み立て、次の事業の財源として活用させていただきます。寄附をしていただく際に、次の事業から使いみちを指定していただけます。

 

(1)読書率向上事業

「子どもの読書率向上」を目標に掲げ、読み聞かせや読書会、朗読コンテストなど様々な企画を通じて子どもたちがより読書に親しむ環境を醸成し、論理的思考と好奇心で未来社会を切り開いていく人材を育てる施策を進めています。

(2)全世代健康寿命延伸事業~ときげんきプロジェクト~

 すべての市民が笑顔と安心のうちに暮らすことができるよう、その基盤となる健康寿命を伸ばす施策「ときげんきプロジェクト」。子どもからご高齢の方まで、すべての世代を対象とした本プロジェクトでは、運動習慣づくり、食生活の改善、歯と口腔の健康づくり、フレイル予防、疾病・重症化予防の5つのテーマで、市民自ら生活習慣病等の予防に取り組むことができる環境づくりを進めています。

(3)市政全般

 次代を支える人を育む事業として、核融合科学研究所をはじめとする大学共同利用機関法人自然科学研究機構や東濃地科学センター土岐地球年代学研究所の協力を得て「科学に親しむまちづくり」を進めるほか、就学前の子どもへ保護者の就労等の状況に関わらず安全安心な保育・教育環境を提供するため、こども園の整備を実施してまいります。このほかにも「愛着と誇りをもてるまちを、みんなで楽しくつくる」をテーマに様々な事業を展開しています。

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報