トップ記事新型コロナ「医療危機事態宣言」発令 「在宅年末年始」で感染拡大の徹底阻止を

新型コロナ「医療危機事態宣言」発令 「在宅年末年始」で感染拡大の徹底阻止を

現在、県内はいまだかつてない感染拡大中であり、県内の医療機関の受け入れ状況は5割を超え、深刻な状況です。
市民の皆様には新規陽性者をこれ以上増やさないために、「在宅年末年始」の徹底をお願いします。

1 外出自粛を基本に

年末年始は県内であっても外出自粛を基本に。大晦日からの初詣の自粛のほか、「在宅年末年始」の徹底を

2 「飲食」「会食」の自粛

酒類提供の飲食店は、時短営業はもとより正月6日までの極力休業を

自宅以外であっても親戚同士の会合で感染拡大。同居家族以外の大人数(5人以上)での飲食自粛を

学校のクラブ活動、寮生活における集団での会食は自粛を

3 体調不良時は医療機関へ

体調不良の際には絶対に外出ストップ。直ちに医療機関か、県の受診・相談センター(058-272-8860)へ

在宅年末年始で感染拡大の徹底阻止を(PDF 413KB)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報