トップ記事岐阜県が緊急事態宣言の対象区域から除外されました

岐阜県が緊急事態宣言の対象区域から除外されました

 2月28日(日)をもって、岐阜県が緊急事態宣言の対象区域から除外されました。

除外による主な変更点

飲食店等に対する時短要請
変更前・・・営業時間を午前5時から午後8時までに短縮(酒類の提供は午前11時から午後7時まで)
変更後・・・営業時間を午前5時から午後9時までに短縮(酒類の提供は午前11時から午後8時まで)

イベント等の開催制限
変更前・・・午後8時まで
変更後・・・午後9時まで

市内公共施設の利用時間
変更前・・・午後8時まで
変更後・・・午後9時まで

市内公共施設の利用制限はこちら

 

 緊急事態宣言の対象区域からは除外されましたが、これで新型コロナウイルス感染症が完全に終息したわけではなく、感染の再拡大を防止するため、効果的な感染防止策を講じる必要があります。市民の皆さまには、引き続き国や県、市からの情報にご注意いただきますとともに、自分自身のため、大切な人のため、みんなのために下記の内容に従った行動を徹底していただきますようお願いします。

リスクを伴う飲食の自粛

昼夜を問わず、以下の飲食については自粛してください。
・家族やパートナー以外との飲食
・長時間の飲食
・酒類を伴い、大声を出す飲食
・マスク無しで会話を伴う飲食など
「GoToイート」の既発行食事券の利用を自粛してください。

年度末の高感染リスクとなる行事の回避

・「リスクを伴う飲食」につながる 花見、卒業式の2次会、謝恩会、歓送迎会
及びこれに類するものは回避してください。
・卒業旅行 は、若者が感染に気付かず活発に移動することにより、高齢者等に
感染を広げるリスクがありますので自粛してください。

不要不急の外出自粛

昼夜を問わず、外出を控えてください。

 

 

岐阜県 コロナウイルス感染症に関する情報(岐阜県)<外部リンク>
岐阜県の緊急事態対策<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症対策ホームページ(内閣官房)<外部リンク> 

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報