トップ記事特定不妊治療費の助成について

特定不妊治療費の助成について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、窓口での手続き以外に、郵送での手続きも行っております。

土岐市では、不妊治療を行うご夫婦の経済的負担を軽減するため、特定不妊治療(保険適用外となる体外受精や顕微授精)にかかる費用の一部を助成します。

助成対象者

  1. 岐阜県特定不妊治療費助成事業による承認を受けている方で、他の市町村から助成を受けていない又は受ける予定がない方。
  2. 夫又は妻のいずれかの一方又は両方が、治療の期間及び申請日のいずれにおいても土岐市に住所のある方。

申請に必要な書類

  1. 「土岐市特定不妊治療費助成事業申請書兼請求書」(特定_様式第1号.pdf (PDF 218KB)
  2. 「岐阜県特定不妊治療費助成事業受診証明書の写し」(保健所に提出される前にコピーが必要です。)又は、「土岐市特定不妊治療費助成事業受診証明書」
  3. 特定不妊治療を受けた医療機関発行の領収書及びその写し
  4. 岐阜県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書及びその写し
  5. 住所を確認できる書類(市民の方は、添付の同意書の提出でも可能です)(同意書.pdf (PDF 110KB)

助成金額

1回の治療につき、当該治療に要した費用から県の助成金を控除した金額で、5万円(注1)又は、10万円(注2)を限度とします。

(注1)10万円の助成は、岐阜県特定不妊治療費助成事業A、B、D及びEの治療に該当する場合

(注2)5万円の助成は、岐阜県特定不妊治療費助成事業C及びFの治療に該当する場合

申請期限

岐阜県特定不妊治療費助成事業承認決定通知日から3か月後の属する月の末日までです。

岐阜県から「岐阜県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書」が届きましたら、速やかに申請してください。

申請先

土岐市保健センター

住所:〒509-5142土岐市泉町久尻47番地の16

電話:0572-55-2010

関連情報(岐阜県特定不妊治療費助成事業)

岐阜県特定不妊治療費助成事業が大幅に拡充されています。

拡充内容は、所得制限、助成額、助成回数、事実婚に関する4点です。

 ※拡充の適用 令和3年1月1日以降に終了した治療

これまで

・所得制限 : 730万円未満(夫婦合算の所得)

・助成額 : 1回15万円(初回のみ30万円)

・助成回数 : 一夫婦で通算6回まで

    (40歳以上43歳未満は3回)

・法律上の婚姻をしている夫婦のみ

 

 

拡充内容

 ・所得制限 : 撤廃

 ・助成額 : 1回30万円

 ・助成回数 :1子ごと6回まで

     (40歳以上43歳未満は3回)

 ・事実婚を認める

詳細は、「岐阜県特定不妊治療費助成事業手続案内(別ウィンドウで開きます)」をご覧ください。

https://www.pref.gifu.lg.jp/page/126449.html

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報