トップ記事高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種

高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種

肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌感染症を予防するワクチンです。

肺炎球菌感染症は、肺炎球菌という細菌によって引き起こされます。この菌は主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされています。この菌が何らかのきっかけで、気管支炎や肺炎、敗血症等の重い合併症を起こすことがあります。

定期接種の対象者について

令和元年度から令和5年度までは、該当する年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方と、60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方が定期接種の対象となります。

令和4年度の対象者

土岐市に住民票があり、下記①又は②に該当し、接種を希望される方

ただし、これまでに23価肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライド)の接種をしたことがある方は対象外となります。

過去に13価肺炎球菌ワクチン(プレベナー)を接種したことがある方、肺炎の既往がある方は接種できます。

①今年度65、70、75、80、85、90、100歳となる方

65歳 (昭和32年4月2日~昭和33年4月1日生まれ)
70歳 (昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれ)
75歳 (昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれ)
80歳 (昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生まれ)
85歳 (昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生まれ)
90歳 (昭和7年4月2日~昭和8年4月1日生まれ)
95歳 (昭和2年4月2日~昭和3年4月1日生まれ)
100歳 (大正11年4月2日~大正12年4月1日生まれ)                                                         

対象の方には5月上旬に予防接種のご案内と接種券をお送りします。

②60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方 (おおむね、身体障害者手帳1級程度)

(対象となるかどうかわからない場合は主治医にお尋ねください。)

接種期間

令和4年5月2日~令和5年3月31日

接種回数

1回

(注)定期接種できるのは上記の接種期間での1回のみです。接種期間以降は、定期接種としては接種できません。(全額自己負担となります)

自己負担額

2,700円

(注)生活保護、中国残留邦人支援給付を受けている方は、接種料金が免除されます。

市役所の福祉課で生活保護証明書、中国残留邦人支援給付者証明書をもらって、予防接種をする医療機関へ提出してください。

接種方法

  1. R4高齢者肺炎球菌医療機関一覧.pdf (PDF 241KB)に予約 します。
    (注)瑞浪市の一部医療機関でも接種可能です。
  2. 接種前に、高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種の注意事項.pdf (PDF 276KB)を必ず読んでください。
  3. 接種当日は「高齢者用肺炎球菌ワクチン接種券」と個人確認ができるもの(保険証・免許証など)をご持参ください。

(注)「高齢者用肺炎球菌ワクチン接種券」について

  • 今年度対象の方へは5月上旬に個別送付します。
  • 接種券を紛失した場合は保健センターで再発行いたしますので、個人確認できるもの (保険証・免許証など)をご持参ください。
  • 60~65歳未満の方で対象になる方の接種券は、保健センターで発行します。障害者手帳、医師の意見書等をご持参ください。

※岐阜県広域化予防接種事業について

土岐市・瑞浪市の指定医療機関以外でも、以下の方は岐阜県広域化予防接種事業協力医療機関で予防接種を受けられます。

  1. かかりつけ医が岐阜県内の土岐市・瑞浪市以外にある方。
  2. やむを得ない事情により居住地での予防接種が困難な方。

希望される方は保健センター(☎55-2010)へご連絡ください。広域化予防接種予診票の交付についてと、接種方法の説明をさせていただきます。

この事業の詳細は県ホームページ「定期予防接種の広域化について」(外部サイトリンク)をご参照ください。

Q&A

高齢者用肺炎球菌ワクチンについてのQ&Aは、下記をご覧ください。

厚生労働省ホームページQ&A集

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報