トップ記事救急車の適正な利用をお願いします

救急車の適正な利用をお願いします

 新型コロナウイルス感染症が 7⽉に⼊って急拡⼤し、新規感染者数は過去最多を更新しています。新型コロナウイルス感染症と通常救急搬送患者の両⽅への対応に尽⼒していますが、救急車の出動件数が昨年7月の1.3倍となっており、受け⼊れ病院が決定するまでの照会回数の増加により、現場での滞在時間が長くなっています。また、救急⾞で医療機関に運ばれた傷病者の中には,結果として緊急性に乏しい場合もみられます。
 救急受け⼊れが困難になる中であっても、緊急性の⾼い傷病者に対する救急搬送受け⼊れは最⼤限実現しなければなりません。熱の⾼いことのみを⼼配して、救急⾞を呼ぶと、他の緊急性の⾼い傷病者が助からなくなる危険があります。

救急車利用の目安

 緊急性がないという⾃⼰判断や我慢し過ぎた結果、症状が悪化することがあります。下記のような症状がある場合には、ためらわず救急⾞を呼んでください。

緊急度の高い新型コロナウイルス感染症の症状

・顔⾊が明らかに悪い     
・唇が紫⾊になっている
・表情や外⾒等がいつもと違う
・様⼦がおかしい
・息が荒くなった
・急に息苦しくなった
・⽇常⽣活で少し動いただけで息苦しい
・胸の痛みがある
・横になれない
・座らないと息ができない
・肩で息をしている
・意識がおかしい(意識がない)
 

救急⾞の適時の利⽤の⽬安については、消防庁の『救急お役立ち ポータルサイト』を参考にしてください。
https://www.fdma.go.jp/publication/portal/post9.html

救急車利用リーフレット(高齢者版)  救急車利用リーフレット(成人版) 救急車利用リーフレット(子供版)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報