トップ記事インボイス制度について

インボイス制度について

消費税の軽減税率制度の実施に伴い、令和5(2023)年10月1日から消費税の仕入税額控除の方式として適格請求書等保存方式(インボイス制度)が始まります。
インボイス(適格請求書)とは、売手(受注側)が買手(発注側)に対して正確な消費税の適用税率や税額等を伝えるための請求書等のことです。
インボイス制度においては、買手として消費税の仕入税額控除を行うためには原則としてインボイスの保存が必要となり、売手としてインボイスの交付を行うためには令和3年10月から開始されている「適格請求書発行事業者」の登録申請が必要となります。(制度開始時より適格請求書発行事業者となるためには、令和5(2023)年3月31日までに登録申請が必要です。)
インボイス制度は売手、買手どちらの立場でも事前準備が必要な制度のため、現在、消費税の免税事業者の方もご自身の事業実態に合わせて対応してください。
インボイス制度に関する一般的なご質問やご相談については、国税庁の軽減・インボイスコールセンター(消費税軽減税率・インボイス制度電話相談センター)で受け付けております。

お問い合わせ先
【電話番号】フリーダイヤル(無料)
0120-205-553
【受付時間】
9:00から17:00(土日祝除く)

国税庁ホームページ「インボイス制度特設サイト」(外部リンク)
国税庁ホームページ「消費税の軽減率制度・適格請求書等保存方式」(外部リンク)
多治見税務署(外部リンク)
インボイス制度説明会等 開催日程一覧表(外部リンク)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報