トップ記事緊急通報システムの設置

緊急通報システムの設置

新型コロナウイルス感染予防の一環として、市役所窓口の混雑を避けるため、郵送等での手続きを推奨しております。

概要

【緊急通報受信】

緊急ボタン、無線ペンダントを押すことにより、土岐市消防本部の緊急通報センター装置に通報され、状況に応じて、救急出動いたします。

【お元気見守りコールサービス】

おおむね月1回、コールセンターから安否確認のお元気見守りコールのお電話をします。

【相談サービス】

相談ボタンを押すことにより、コールセンターにつながり、ご利用者からのご相談へのアドバイスをします。ご利用者との会話の結果、緊急を要する場合には、土岐市消防本部に救急要請をします。

利用できる方

次のいずれかに該当し、緊急通報装置の設置が必要と認められた方。

  • おおむね70歳以上のひとり暮らしの方
  • 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受け、障害の程度が1級から3級までのひとり暮らしの方
  • ねたきり老人若しくは日常生活及び緊急時の通報に著しく支障をきたすおそれのある重度身体障害者をかかえる70歳以上の高齢者のみの世帯の方又は、ひとり暮らしに準ずる世帯の方

利用料

月額料金、機器の設置および撤去費用は無料です。
電池(バッテリー)の費用は自己負担となります。(電池交換は3年に1度です。交換する際、直接、市の委託業者へお支払いいただきます。)
※このシステムを利用する場合は固定電話回線が必要です。固定電話回線の回線維持(月額基本料、通話料等)に掛かる費用は自己負担となります。

申請書

ご利用の際、下記の申請書を高齢介護課へご提出ください。
申請の際、民生委員の同意、協力員の承諾が必要になります。
※協力員とは・・・センターから要請があった場合、通報者の自宅に出向き状況等のご協力をお願いする方です。

申請書.doc (DOC 41.5KB)

申請書.pdf (PDF 221KB)

カテゴリー

このページの先頭へ

お知らせ

イベント

人事・職員募集

お役立ち情報